子どもが喜ぶ「幼稚園・保育園」の卒園記念品オススメ5選!

2019 11/08
子どもが喜ぶ「幼稚園・保育園」の卒園記念品オススメ5選!

卒園記念品をお探しのみなさん、準備は進んでいますか?

記念品の担当になってしまったけど、どんなものを渡せば子どもが喜ぶかわからないって方も多いのではないでしょうか?

そんな方にこの記事がオススメです。

この記事では、保育園や幼稚園の卒園式で渡すと子どもが喜ぶ卒園記念品を5つ紹介していきます。

実は僕、記念品などのノベルティ関係を受注する会社で働いていた経験があるのです。

お客さんから色々な話を聞いたりして、どんな記念品が喜ばれたかを知っています。

卒園記念品担当になったが、どんな記念品にしようか迷っていたり悩んでいるお母さん、お父さん、先生方は是非参考にしてみてください。

※実際に問い合わせて聞いてみた会社もありますので、情報の正確性は高いです。

目次

幼稚園・保育園の卒園記念品の準備は早めに!

画像

卒園時期になると、記念品の業者は大忙しです。

卒園記念品の準備が遅れている幼稚園や保育園の記念品担当者が焦り始めます。

1月~3月中旬頃は、卒園時期のギリギリになるため、混み合って必要な期間までに間に合わなかったり、在庫切れで注文ができなくなっていたりして、お目当ての記念品が準備できなかったりします。

僕自身、記念品などのノベルティを受注する会社で働いていたことがあるので、この熾烈な争いが想像できます。

お客様から聞いた話ですと、早いところでは、夏にはほとんどの準備を終わらせているようです。

多くの場合、早く準備をした方が、お店のサービスを受けることができたり、要望も聞いてもらいやすかったりするので、お得です。

正直、ギリギリの時期だと、そんなサービスをしなくても山ほどの注文が来ますので、めんどくさい要望や、値引き交渉をしてくるお客さんはいらないのです。

せっかく渡そうと思っている記念品ですから、使いたい日に間に合わなければ意味がないですよね。

だから、秋ごろには準備を始めておくことをオススメします。

記念品オススメ①:制服型のキーホルダー

子どもが喜ぶ記念品の筆頭と言っても過言ではないのが、制服型のキーホルダーやストラップです。自分たちが着ていた制服をキレイに再現してくれます。

想像以上に可愛くて、お母さん、お父さんも思わず欲しくなったという話も聞きます。

こちらの会社では、写真を送ると制服を再現してくれるので、簡単に可愛い制服型キーホルダーを作ることができます。

デザインに力を入れているところなので、他の制服型キーホルダーの会社よりも可愛く仕上がるのが特徴です。

オリジナルで作成してくれるので、納品までは2週間程度と少し時間がかかります。

特に、1月中旬から3月中旬までは混み合うようですので、早め(目安:年内)に準備をすることをオススメします。

画像
出典:ストリームスポーツ・クリエーション

作成期間(目安):注文受付後2週間前後

記念品オススメ②:お友達の顔をプリントしたマグカップ

クラスのみんなの顔をプリントしたマグカップがオススメです。

顔写真を送るだけでこのクオリティの記念品が作れるという手軽さも人気の理由です。

クラスのみんなの顔を見て、あーこの子はこういう子だったなとか、数年後に振り返るのも楽しいかも。

これを見ながら親子で会話をする姿が思い浮かびますね。

実用性もあるマグカップなので、飾るのもよし、使うのもよしですね。

写真を集めるのが少し手間ですが、完成品を見るとこれにしてよかったと思うこと間違いなしです。

画像
出典:BIG FACE

作成期間(目安):デザイン作成後1週間

記念品オススメ③:オリジナルで作れるミニタオル

思い出の園舎の写真やクラスから見える風景などをプリントしたミニタオルなんてのはいかがでしょうか。

ただの名入れタオルではなく、好きな写真やデザインをプリントできるのが人気の理由です。

デザインを作ったり、イラストを描くのが得意な方がいるなら、お願いしてみるのもありかもしれません。

実用性のある商品ですが、もったいなくて使えないと言われるようなオリジナル性の高い記念品が作れることに違いありません。

画像
出典:オリジナルプリント.jp

作成期間(目安):2週間前後

記念品オススメ④:暑い日も寒い日も活躍オリジナル水筒

予算に余裕があるなら水筒がオススメです。

オリジナルで作成できるので、特別な記念品になること間違いなしでしょう。

実用性もあり、長く使うことができるので人気があります。

卒園の時期くらいから暖かくなってくるので、時期的にもちょうどいいと思います。

小学生になっても使ってもらうためにも、シンプルで使いやすいデザインにするといいかもしれませんね。

また、先生方へのお礼の品としても人気があり喜んでもらえます。

画像
出典:株式会社カプセルボックス

作成期間(目安):2~3週間

記念品オススメ⑤:実用性重視ならオリジナル文房具

小学生になると必ず使うと言っていいのが鉛筆です。

記念品で鉛筆をもらうとが勉強のやる気もアップしますよね。

少しでも、学校で多くのことを学んでほしいという気持ちを込めてオリジナルの鉛筆をプレゼントすると良いでしょう。

予算があまりかからないので、幼稚園や保育園があまり予算を出してくれないというような状況だとかなりオススメです。

鉛筆や消しゴムなど、文房具一式を記念品としてプレゼントするのも良い案だと思います。

画像
出典:Goods Pal

作成期間(目安):2~3週間前後

幼稚園・保育園の卒園シーズンは混雑するで早めの準備をオススメします

今回紹介しました商品に限らず、卒業・卒園シーズンには記念品作成が混み合います。

特に1月~2月末くらいまでは、在庫切れや、作成期間の目安に「+1~2週間」かかる場合もあります。

注文が殺到している会社では、新規の受付をお断りしているようなところや、商品の値段が上がってしまうなんてこともあるようです。

ギリギリになって探すと、お目当ての記念品の作成ができず、妥協した記念品をプレゼントすることになりますので、秋ごろには問合せなどをして準備を進めていきましょう。

これから準備をするみなさんが、思い出に残る卒園記念品に出会えることを願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次