東京オリンピックで観戦種目を迷っている方はスポーツクライミングにしてみよう【観戦チケットの抽選申込開始】

2019 6/04
東京オリンピックで観戦種目を迷っている方はスポーツクライミングにしてみよう【観戦チケットの抽選申込開始】

本日から、東京オリンピック観戦チケットの抽選申込が開始されました。みなさんは何の種目を観戦しますか?色々な種目があるので正直迷いますよね。

「私は、特にこのスポーツを観戦したいってのはないけど、オリンピックやから観に行ってみたい。でも、何の種目を観るか迷う…。」って思っている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。僕もそんな感じです。生きている間に、あと一回、日本でオリンピックが観れる保証なんてないですしね。

そんな何の種目を観戦しようか迷っている方に、僕がオススメしたいのはスポーツクライミングです。東京オリンピックから正式種目に採用されたスポーツクライミングなので、盛り上がる予感がしています。この記事では、なぜ僕が東京オリンピック観戦にスポーツクライミングをオススメするのか、その理由を書いていきたいと思います。

目次

東京オリンピックを観戦したいが何の種目にするか迷っている方はスポーツクライミングを観戦してみてはいかが?

僕自身、スポーツクライミングの中の一つ、ボルダリングをやっているので、オススメしています。では、なぜオススメしているのか。それにはいくつかの理由があります。

いや、そもそもスポーツクライミングって何?初めて聞いた。って方も多いかもしれません。そんな方は、この記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
東京オリンピックで採用されたスポーツクライミングってどんな種目?
東京オリンピックで採用されたスポーツクライミングってどんな種目?2020年に開催される東京オリンピックに「スポーツクライミング」が正式種目として採用されました。「スポーツクライミングって?」となった方も多いかと思います。クラ...

東京オリンピックから採用された種目なので競争倍率が低い!?

スポーツクライミングは今回の東京オリンピックから正式に採用された種目です。今回からということで、逆に珍しさ目当てで倍率高いのではないのか?と思うかもしれませんが、スポーツクライミング自体の認知度は、まだまだ低いです。だから、観戦を希望する人もそこまで多くはないかと予想しています。

スポーツクライミング?

なにそれ、わからん。

って言ってスルーしてる方も多いはずです。

日本選手の活躍が期待できる

スポーツクライミングの世界では、日本は強豪国です。2019年5月3日〜5日に、呉江(中国)で行われた、「IFSC クライミング・ワールドカップ」では、楢﨑 智亜選手優勝しています。

せっかく観戦するのなら、日本代表の選手の活躍している姿を見たいですよね。スポーツクライミングなら、ほぼ確実に活躍している姿を見ることができます。僕は、決勝戦に日本人選手が多く残ってくるのではないかと予想しています。 

ボルダリングのルールはこちらを参考に

種目とルール – 公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

ルールがわかりやすい

スポーツクライミングはルールがとてもわかりやすいです。スポーツクライミングには「ボルダリング」「リード」「スピード」の3種目があります。簡単に説明するとこんな感じです。

ボルダリング

設定されたコースを登れたらOK(ゴールを両手で保持して3秒程度静止)

リード

設定された長くて高いコースを登れたらOK(ハーネス・ローブを使用)

スピード

設定されたコースを速く登れたら勝ち(ゴールにあるボタンをたたく)

複雑なルールはそれほどなく、わかりやすいですよね。

ボルダリングは、ダイナミックな動きも多く、会場が湧くこと間違いなしです。

チケットの申込期限・申込方法

申込や申込方法は、以下のサイトからとなります。

抽選となってますので期間内に申込みましょう。

抽選申込期間:2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59 

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

申込手順

f:id:maidov09v:20190509121204j:plain

※出典:東京オリンピック公式サイト(https://tokyo2020.org/jp/ 

さいごに

スポーツ好きなら、一度は観戦してみたいと思うオリンピック。日本で開催されるのだから、観戦する最高のチャンスですね。僕は、仕事を休んでスポーツクライミングを観戦しに行く予定ですよ!

お願いだから当選して!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次