幼稚園・保育園の記念品に個人名を入れるのは危険?【危険性あり】

どうも。記念品制作会社で働いた経験のある鹿王です。

秋になるとだんだん記念品を準備に動き出す幼稚園・保育園も多いのではないでしょうか。

今回は幼稚園・保育園の記念品制作の際に名入れをするかどうかをお悩みになられる方も多いみたいです。

結論から言うと、記念品の種類によっては『名入れはしない方がいい』です。

その理由も含めて書いていきます。

Contents

幼稚園・保育園の記念品に名入れをするのは危険?

幼稚園・保育園の記念品に名入れは危険?

幼稚園や保育園の記念品を作る際に名入れは危険です。

その理由は、『その子の名前がバレてしまうから』です。

一見、自分の物だとわかりやすくて良いし、名前が入っていることで特別感が増すことは間違いないでしょう。

『知らない人から声をかけられてもついていっちゃダメ!』と注意をしなければならないような年代の子どもは、相手が自分の名前を知っていると、『この人は知っている人かもしれない』と判断してしまう恐れがあります。

名入れをした記念品を持っていることで、『知らない人に名前がバレてしまうリスク』が出てきてしまうのです。

もちろん、記念品の種類によっては名入れをしても問題がないものもあります。

では、どのような記念品では名入れを控えた方がいいのでしょうか?

こういう記念品は名入れをしない方が無難!

名入れをしない方がいい記念品は

かばんなどにつけて、通りすがりに名前が見られてしまうような商品です。

主に

  • パスケース
  • キーホルダー
  • 巾着袋
  • バッジ

などが考えられます。

私の経験上、幼稚園・保育園で人気のある制服キーホルダーなんかは、ほとんどの幼稚園・保育園で名入れをしていると思います。

はい、ほとんどの業者で『名入れ無料』などと大きく宣伝がされているのですから、無料だし名入れした方がいいとなりますよね。

しかも、ビックリすることに『ひらがなフルネーム』で名入れをする方が多いのです。

子どもに何かちょっかいを出そうとしている悪い人からしたら一番わかりやすいですよね。

防犯ブザーを持たせているのに、キーホルダーにはがっつり『ひらがなフルネーム』で名前が入っているこどもなんかも見かけたことがあります。

正直そんな子どもを見かけたら、防犯したいのか、危険にさらしたいのかどっちやねんてなります。

幼稚園・保育園の記念品担当の方は参考に!

今回は、幼稚園・保育園の記念品に名入れをするのは危険か?という内容で書いてきました。

そんなこと考えて記念品を作らないのかと思うかもしれませんが、意外と重要な要素だと思いますよ。

ちゃんと考えているところは、名入れをしないとか、ローマ字で下の名前だけを入れるとか、目立たない位置にちっちゃく入れるとかの対策をしています。

名入れの位置や大きさを自由に決めれる業者で注文するのであれば、そのへんも考えてみてください。

もちろん、文房具や、水筒、タオルなど、基本的にかばんのい中に入れてるものは、名入れをしても大丈夫です。

むしろ、自分の物だとわかりやすいので、名入れをした方がいいですよね。

記念品作成の際に参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる