ファイブテン モカシムレビュー【モカシムを履いてテクニックを磨け!】

今回は、僕の最も愛用しているシューズ『モカシム』のレビューを書いていきたいと思います。

今履いているモカシムは4代目。

リピートしまくってるボルダリングシューズです。

※僕の持っている紫色のモカシムは、もう売っていないと思います。たまにネットで売ってたりしますが、赤でも性能は同じです。

※ちなみに1足新品をストックしています。

結論から言うと、モカシムは最強にオススメできるシューズです。

では、モカシムのどこが良いいのか?

デメリットも含めて紹介していきます。

Contents

ファイブテンのモカシムを選ぶ理由(メリット)

ファイブテンのモカシムを選ぶ理由(メリット)

僕のモカシム愛は、並大抵ではありません。

履きやすさ、フィット感、テクニックの磨きやすさでは、ボルダリングシューズの中でもトップクラス。

そして、現在4代目+1足新品のストックありというモカシムマニアです。

もちろん、周りにもオススメしていますが、スリッパタイプのため、あまり選んでくれる人がいません。笑

そんなモカシムを選んでいる理由がこちらです。

  • 履いていても足が痛くなりにくい
  • 脱ぎ履きがラク
  • 足裏感覚抜群でテクニックを磨くことができる
  • 価格が安い

初心者から上級者まで愛されているモカシムの魅力を知ってください。

履いていても足が痛くなりにくい

モカシムは、履き心地がよく、長時間履いていても足が痛くなりにくいです。

また、シューズがよく伸びて足に馴染みやすいので、自分の足の形に合ってきます。

自分の足に合ってくると、フィット感が増し、履いていてラクなのに脱げにくいという状態になります。

スリッパタイプは脱げやすいと思われがちですが、フィットしていると脱げることはまずありえません。

脱ぎ履きがラク

ボルダリングのシューズは、基本的に小さめのサイズを買うので、ずっと履いていると痛くなってきます。

でも、ボルダリングにいくと、ずっと履いているのではなく、登らない時は脱いでいることですよね。

モカシムは、スリッパタイプのため、脱ぎ履きがとてもラクです。

特にモカシムは、足入れもよく、脱ぎやすく履きやすいシューズとなっています。

脱ぎ履きのストレスがないのは、大きなメリットとなります。

足裏感覚抜群でテクニックを磨くことができる

モカシムは、足裏感覚が抜群によく、ホールドを踏んでいる感覚が足に伝わりやすいです。

踏めているか、踏めていないかが感覚的にわかるので、テクニックを磨くのに優れています。

また、形状がフラットタイプなので、ホールドを踏む時に、指に力を入れてかきこむ必要があります。

クライミングに必要なかきこみ力を鍛えることができますので、実力向上にもってこいです。

また、スリッパタイプなので、ヒールを適当にかけると脱げてしまうことがあります。

かかとをホールドのいいところに当てたり、どういう角度でホールドにかければいいか、感覚を身につけることができます。

足の使い方が上手いクライマーを目指すなら、モカシムがオススメです。

モカシムは安い

モカシムは、ボルダリングシューズの中でもかなり安い部類に入ります。

15,400円(税込)という価格でこの性能のシューズを履けるなんて、かなりお得です。

最近のシューズは18,000円~22,000円くらいすることが多いので、安くていいシューズを探している方にはオススメと言えます。

僕の持っている、紫色のモカシムは廃盤になっていますので、赤色のモカシムを履きましょう。

現在は、アディダスファイブテンから販売されています。

ファイブテンモカシムのを選ぶデメリット

ファイブテンモカシムのを選ぶデメリット

逆にモカシムのデメリットを挙げるとすれば以下のとなります。

  • ヒールをしたら脱げる時がある
  • 攻めたサイズを買う必要がある
  • 小さいホールドを踏むのはキツイ

ヒールをしたら脱げる時がある

先ほども少し言いましたが、ヒールをすると脱げる時があります。

乗り込む系のヒールでは、脱げることはありませんが、引っ掛ける系のヒールで脱げることが多いです。

乗り込む系のヒールで脱げる人は、上手くヒールを使えてないので、どこに重心をかけると、上手く乗り込むことができるか練習しましょう。

攻めたサイズを買う必要がある

モカシムは、伸びやすいシューズなので、攻めたサイズ(小さめのサイズ)を買う必要があります。

なので、最初はめちゃくちゃ痛いです。

痛くないサイズで選んでしまうと、後々伸びすぎてしまい、足に対して大きすぎるサイズ感となってしまいます。

最初は痛いですが、我慢して履いていると自分の足にフィットしてきますので、我慢しましょう。

小さいホールドを踏むのはキツイ

モカシムは足裏感覚が優れていて、柔らかめのシューズなので、小さいホールドを踏むのに向いていません。

垂壁やスラブによくついている、固いシューズでないと踏みにくいホールドを踏むと、上手くかきこむことができず、辛い思いをすることも多いです。

逆に、ハリボテは踏みやすく、スメアリングもしやすいので、課題によってはモカシムが大活躍します。

課題によってシューズを使い分けることも大切です。

ジムでテクニックを磨くならモカシムが最強

ジムでテクニックを磨くならモカシムが最強

ボルダリングの上達を目指すために最強のシューズはモカシムだと思います。

また、履いていてラクなのもメリットです。

僕は、モカシムを履いているおかげで、足の技術(特にかきこみ力)が上がりました。

それは、決してシューズの性能が悪いわけではありません。

自分の持っている技術を存分に活かしてくれるのが、モカシムなのです。

モカシムを履いて登りづらいという人は、技術不足だと言っても過言ではありません。

技術があれば、最高に扱いやすく、オールラウンドに活躍できるのが、モカシムなのです。

是非、モカシムで技術の上達を目指してみてください。

当サイトおすすめスマホゲーム

AFK アリーナ
AFK アリーナ
開発元:LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED
無料
posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる