ボルダリングでインスタ映え!どんなシーンが映えるのか個人的な意見を書いた

女性Aのアイコン画像女性A

初心者ですが、ボルダリングのシーンをインスタに投稿したい。
どんなシーンを撮れば映えますか?

ボルダリングでインスタ映えを狙いたい?

ホンマにたまにですが聞かれることがあります。

ボルダリングは、インスタの投稿に向いているスポーツだと言えます。

2020年4月15日現在、インスタでハッシュタグ『#ボルダリング』を検索すると78.3万件です。

では、ボルダリングのどんなシーンがインスタ映えするのか?

結論から言うと、壁を写すだけでも結構映えるです。

それはなぜなのか?その理由を僕の経験を踏まえて書いていきます。

ボルダリング初心者向けとなりますので、ボルダリングの楽しみ方の1つとして見ていってください。

Contents

ボルダリングジムの壁でインスタ映え

ボルダリングの壁にはカラフルなホールドがついているため、インスタ映えします。

また、壁の形状が美しいジムなんかは、最高にインスタ映えします。

ジムによっては明かりが少なく、暗かったり、壁の汚れが気になったりします。

そういった場合は、iPhoneで明るさと彩度を調整します。

インスタに投稿する時にも、明るさと彩度の調整ができます。

インスタのアプリ内でやるとめっちゃ簡単なのでオススメします。

加工した感は出てしまいますが、しないよりもかなりキレイな写真に生まれ変わります。

ボルダリングのことをまだよく知らない方は、『ボルダリングの壁ってキレイ』ってなります。

それでは、加工前と加工後を比べてみましょう

インスタ用のボルダリングの壁とホールドが写った写真、加工前と加工後

ほらね、全然違うでしょ?

ちょっと大袈裟にやりましたが、加工前の少し汚い壁が、加工をすることで映えカラーに早変わり。

僕は画像編集についてはド素人なので、そこまで映え映えにはできませんが、もっと上手いことやればさらにいい写真になるでしょう。

これを見たら、『ボルダリングの壁ってキレイ』って思いますよね。

しかも、加工をすると、壁の汚れが『味』となっていいんですよ!

このなんとも言えない壁の雰囲気が好きです。

鹿王のアイコン画像鹿王

一応言っておきますが、ボルダリングの壁マニアではないですよ。笑

BOTANIX(ボタニクス)だとインスタ映えMAX

ボルダリングジムの中には、BOTANIX(ボタニクス)という種類の壁を使用しているところがあります。

BOTANIX(ボタニクス)の壁と言われてもわからないので、参考画像はこちら

BOTANIXの壁があるジム(ウィップス)
出典:http://whippersnappergym.com/

めっちゃキレイで立体感のある壁です。

このBOTANIX(ボタニクス)の壁のボルダリングジムだとインスタ映えしすぎってくらいインスタ映えします。

BOTANIX(ボタニクス)については、僕も大好きなので、今回は紹介程度で、そのうち記事にしたいと思います。

インスタ用にボルダリングの壁の写真を撮る時は近くから

インスタ用の映え写真を撮る時は、なるべく近くで撮ることをオススメします。

遠くから撮ると、壁全体の雰囲気はわかりますが、映え感が足らないように感じます。(撮り方とかジムの雰囲気によりますけどね…)

ボルダリングの壁を遠くから撮った場合

万人受けをするボルダリングのインスタ映え写真とするならば、近くから撮って壁とホールドを目立たせた方がキレイに見えるのでオススメです。

鹿王のアイコン画像鹿王

さきほどの写真みたいな距離だといいですね。

逆にオシャレなジムの場合は、ボルダリングジム全体の様子がわかるような写真だと映える可能性は高いです。

最近は、オシャレなジムも多いので、いい写真が撮れますよ。

登っているシーンでインスタ映え

もちろん、ボルダリングで登っているシーンはインスタ映えします。

  • ホールド
  • 人物

この3つが揃うと映えます。

初心者用の課題は、動画だと映えにくいですが、静止画だと、課題の難しさは関係なく映えます。

壁を登ってる感を出すとかなり映えますので、ボルダリングをやったことのない方から、いいねに加えて『自分もやってみたい』というようなコメントがもらえるかもしれません。

ちなみに、僕の初心者の頃の登っている写真を載せますね。

ボルダリングは静止画だとインスタ映え写真を撮ることができる例

これ全然難しい課題なんか登れない時に『ぽい』感じで撮ったんですが、意外と『ぽい』でしょう?笑

静止画だと、すごいかどうかわかりづらいのでこんな感じで『ぽい』写真が撮れます。

落下のシーンでインスタ映え

これは番外編的な感じなんですが、落下シーンも意外と映えます。

映えるというか、いいねをもらいやすい。

ただ、普通に落ちた場合や、途中で諦めて降りた場合はそこまで面白くはないので、反応は普通です。

つまり…

激しく落下すればするほど、いいねがもらいやすいということです。

ただ、ワザと激しく落下したりしたら危ないし、ケガのリスクも高いので狙わないようにしましょう。

また、ワザと落下したら意外とバレます。

危ないことをワザとするってことは、なかなか難しいです。

ボルダリング歴約6年の僕でも、ワザと激しい落ち方をするのは難しいですし、かなりワザとらしい感じになります。(すみません、ふざけて試したことがあります。笑)

ですから、良い落下シーンは、一生懸命登りきるつもりで、挑戦していたらたまたま激しい落ち方をしてしまったという時のみ撮れます。

そういう時は、痛かったり、少し怖い思いをするかもしれませんが、笑いの神が降りてきたと思って、インスタに投稿しましょう。笑

結論:ボルダリングは壁を写すだけでも結構インスタ映えする

ボルダリングでインスタ映え!

実は、壁を写すだけでもインスタ映えの写真を撮ることができます。

もちろん、ボルダリングに詳しい人に向けてのインスタ映えを狙うなら難しい課題を登った動画などが必要となります。

しかし、ボルダリング自体まだあまり馴染みのないスポーツですから、知らない人からしたら壁だけでもキレイとか、すごいってなるのです。

まだまだボルダリングの認知度が低い今なので、ボルダリングのインスタはボルダリングを知りたい方への需要が高いのではないでしょうか。

という僕のインスタもボルダリングのことばっかり、僕の友達はボルダリングについて詳しくなってきているかもしれません。笑

ボルダリングの詳しいルールなどは以下の記事を参考にしてください。

インスタ映えするかわいいチョークバッグについても紹介していますので、参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる