ゴミを出し忘れないようにするアイデアを紹介!燃やせるゴミってすぐ出し忘れる

みなさんはゴミを出し忘れないようにするアイデアってありますか?

ゴミって本当によく出し忘れますよね。

ゴミを出し忘れると、次の回収日まで待たないといけないし、その間って家にゴミを置いておかなければなりません。

広い家なら置き場所があるかもしれませんが、一人暮らしだとゴミをずっと置いておくほど広くない方が多いと思います。

ゴミ袋が部屋に置いてあるのって嫌ですよね。

そこで今回は、ゴミ出しを忘れないようにするアイデアを紹介します!

同じようにゴミをよく出し忘れるという方の参考になれば嬉しいです。

Contents

ゴミを出し忘れる原因を考える

ゴミの出し忘れって本当によくあります。

ゴミ袋を閉じて出す準備を万端にしていても忘れるのです。

なぜゴミの出し忘れが起こるのでしょうか。

ゴミを出せる曜日が決まっているから

好きな時に出せるのであれば、ゴミの出し忘れが減ることが予想されますが、ルールがありますのでそうゆうわけにはいきません。

朝、ゴミ収集車の音を聞いて、

「あれ?今日って燃えるゴミの日やん!」

と気付くことも多いのではないでしょうか。

自分がゴミを出したいと思うタイミングでは出せず、決まった曜日に合せなくてはいけないというところがゴミを出し忘れる原因になっているのかもしれません。

朝仕事に行く時についでに出したい気持ちがあるから

ゴミ捨て場が用意されているマンションなどでは、前日の夜にゴミを出しておくことも可能ですが、わざわざ部屋を出て、ゴミを出しに行くのもめんどうなので、何かのついでに出そうという気持ちになります。

一番ラクなのが朝仕事に行く時についでに出すことです。

しかし、朝は何かと余裕がなく、ゴミをまとめたりすることに時間を使えない場合があります。

そうなると、次の機会に出せばいいやとなり、結局は出さずに終わってしまうんですよね。

前日にゴミをまとめて捨てるだけにしておいたとしても、朝に余裕がなければ、ゴミを持たずに家を出るなんてことも頻繁に起こります。

やはり、何かのついでという気持ちがゴミ出しを忘れる原因になっているのでしょう。

ゴミを出し忘れないようにするアイデア

ゴミの出し忘れはかなり高確率で起こります。

ゴミを出し忘れないための対策をしましょう。

玄関にゴミトラップを仕掛ける

ゴミを出せる曜日の前日にゴミをまとめて、玄関に置いておきましょう。

コツは、ゴミをどかさないと玄関を通れないようにすることです。

嫌でも、ゴミ袋が目に入りますので

「せやせや。今日はゴミを出す日やった!」

と気付くことができます。

例え忘れていたとしても、強制的に思い出すことができますので、ゴミの出し忘れはなくなるはずです。

ゴミ袋のサイズを小さくしてゴミ出しの頻度を上げる

ゴミ袋のサイズを小さくして、ゴミを出す頻度を高くしましょう。

そうすることで、ゴミ出しが習慣化されて忘れにくくなります。

何でも、習慣化することができれば、人間は何も苦労をせずになくやり遂げてしまうのです。

僕の場合、40Lのゴミ袋から20Lのゴミ袋に変えてから、ゴミ出しを忘れる確率が大幅に低くなりました。

40Lだと、月に1~2回のゴミ出し頻度でしたが、20Lになると、週1回ゴミを出さなければいっぱいになってしまいます。

ゴミ出しの頻度(1人暮らし男性)
  • 40L:月に1~2回
  • 20L:週1回

つまり、だいたい毎週決まった曜日にゴミを出さなければならなくなるのです。

僕の住んでいる地域では、月・木が燃やせるゴミの日なので、毎週月曜日はゴミを出す日と習慣にすることができました。

また、土日はゴミの収集がないので、土・日の間に月曜日分のゴミを出しておくことができます。

鹿王のアイコン画像鹿王

ゴミの収集がある日に、別のゴミの種類を予め出しておくのはルール違反ですよ!土・日なら収集がないのでギリギリオッケー!

これで、ゴミの出し忘れを大幅に減らすことができますね。

ゴミをだしわすれないようにしましょう

いかがでしたでしょうか。

少しやり方を変えるだけで、ゴミの出し忘れを減らすことができます。

ゴミを出し忘れたからって遅れてでも、ゴミ捨て場へゴミを置いていく人も多いので、そんなことにならないように、ゴミ出しを忘れないでおきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる