パチンコが副業として成り立っていた当時の稼ぎ方を公開

僕は、昔から仕事の給料をもらっているだけでは物足りず、副業(複業)をして、仕事の収入プラスの収入を稼いできました。

19歳の頃にパチンコで稼げるということを友達に教えてもらってから、10年近くパチンコでお金を稼いできて、現在はブログとFXに落ち着いた感じです。

今の時代、パチンコで稼ぐことが難しくなっていますが、昔はそこそこ稼げたんですよ。

この記事では、その当時の鹿王流の勝ち方をダラダラと書いていきます。

もちろん、良いお店を見つけることさえできれば、今でも使える方法ですので、参考になるかもしれません。

鹿王のアイコン画像鹿王

今は、良いお店を見つけるのが難しくなったので、パチンコでの副業は辞めました。

Contents

パチンコで副業 平均月に15万円稼いでいたころの話

僕がパチンコデビューをしたのは、19歳の頃です。大学に通いながら、年間100万円以上を稼いでいました。

もちろん、大学の授業をさぼったことはなく、夏休み、冬休み、春休みの期間だけで年間100万円稼いでいました。

まあ、大学なんて年間の1/3は休みですからね。笑

社会人になってからも、仕事の給料だけでは満足できず、バイトをしたりしていました。

そしたらある日、パチンコ仲間から近くに良い店を見つけたという情報が入りました。

確認のため行ってみると、なかなか良い条件ではないですか。

1ヶ月程バイトと並行しながら通ってみたところ、10万円近くのプラスが出ました。

これは、バイトを辞めてパチンコで副業をした方が効率が良い!

バイトでは月3万円くらいしか稼げていなかったため、明らかにパチンコで副業する方が良かったんですよね。

しかし、パチンコで副業にはメリットとデメリットがあります。

パチンコで副業するメリット・デメリット

パチンコで副業ってできるの?と思われるかもしれませんが、お店の状況と考え方次第ではできます。

メリットは

  • 好きな時に行くことができる
  • 遊び感覚で稼げる

バイトと比べるのもどうかと思いますが、パチンコは基本的に自分の好きな時に行くことができます。

また、パチンコ自体が娯楽に分類されているため、遊びに行くのと同じ感覚です。

なので、通うことに辛いという感情が生まれることはあまりありません。

逆にデメリットは

  • マイナスになることがある
  • パチンコ依存症になる可能性がある
  • 周りからキモがられる

一番怖いのが、パチンコ依存症になってしまうことです。

依存症になると、抜け出すのが難しく、勝てる状況でなくてもパチンコがしたくなります。

こうなったら稼ぐことはかなり難しいでしょう。

あくまで、副業として稼ぐという目的を見失ってはいけません。

鹿王が社会人をしながらパチンコ副業をしていた時のやり方

僕は、パチンコを娯楽ではなく、副業として考えていました。

もちろん、学生時代は娯楽として見ていましたが、社会人になってからは完全に副業として考えていました。

そこで、徹底していたのがこの3つです。

  • 回る台を打つ
  • 貯玉をフル活用する
  • オカルトは一切信じない

これを徹底すると稼げる確率がグンと上がります。

では、1つずつ紹介していきます。

回る台を打つ

パチンコで稼ぐなら、これは必須条件です。

パチンコは、当選確率が決まっているため、1000円あたりの回転数が重要です。

回転数が多ければ多いほど、勝てる確率も上がりますし、稼げる金額も上がります。

どれくらい回れば勝てるのかは、勝てるボーダーラインがありますので、それを参考にするといいでしょう。

ボーダーラインは、当選確率や、出玉から計算して出すのですが、ほとんどの機種の場合、インターネットで調べると出てきます。

もちろん、短期的に見ると運の要素が強いため、ボーダーライン以下の台でも勝つことができますが、長期的(1年以上)で見ると、ボーダーライン以下の台を打ち続けると負ける確率はかなり高くなります。

というより、長期的に見ると、よほどのことがない限りは負けるでしょう。

貯玉をフル活用する

みなさんは貯玉をしてますか?

  1. 貯玉をしている人
  2. していない人

だと、一般的にどっちの方が稼げる可能性が高いと思いますか?

答えは

貯玉をしている人の方が稼げる可能性が高い

です。

パチンコって1,000円で250玉(1玉4円)で玉を借りますよね?

いわゆる等価交換「25玉交換」というやつです。

でも、現在では等価交換の店は少なく、換金(景品に交換)する時は、45玉交換~28玉交換(1玉2.5円~3.57円)くらいに価値が下がることがほとんどです。

  • 等価交換(25玉交換)の場合:1万発の出玉を交換⇒4万円
  • 2.5円交換(45玉交換)の場合:1万発の出玉⇒2万5,000円

大きな差となりますよね?

この差を埋めることができるのが貯玉です。

貯玉は、お店に出玉を貯めておくことができる制度なので、次回打つ時に有利です。

すみませんが、これを詳しく説明していると長くなりそうなので、簡潔にまとめます。

45玉交換の店で1万玉の出玉を得た人が、次に同じ店でパチンコをする場合

  • 貯玉している場合⇒1万玉打つことができる
  • 交換した場合⇒2万5,000円のお金になるが、次打つ時は、6,250玉しか打つことができない

この3,750玉の差が、大きいのです。

先程も書いたように、パチンコはたくさん回せる方が勝てる可能性も高くなるため、少ない金額で多くの回転数を回せる方がいいです。

等価交換でない店で打つ時は、貯玉で打つと資金効率が良くなるので、必ず貯玉をしましょう。

めっちゃはしょって書いたので、わかりにくいかもしれませんが、とにかく貯玉は有利ということを覚えておいてください。

需要があれば(この記事の閲覧数が多かったら)、もっと詳しい記事を書きたいと思います。

オカルトを信じない

僕の場合、オカルトは信じていません。

  • ゾーン
    100~150回転の間は当たりやすい
  • 天井
    1000回転を超えたらそろそろ当たる
  • この演出が頻繁に出ると好調台

このようなことは、まあ無いと思っています。

そもそもパチンコに天井はないですからね。笑

友達と打ちにいった時は、ふざけてオカルト的な話をしたりしますが、基本的には信用していません。

もちろん、前回の大当たりから1000回転を超えてるし、そろそろ当たるだろう。

こんなこともありません。

通常時の確率は常に同じです。

1/100で当たる機種の場合、1回転目でも、1000回転目でも、当たる確率は1/100なのです。

パチンコで稼ぐなら、オカルトで立ち回りをするのではなく、確率論で立ち回りをしましょう。

今の時代、パチンコで副業は難しい

今まで書いてきた方法や考え方で、仕事プラス15万円のパチンコ収入を得ていました。

でも、今の時代は規制が厳しくなったことによって稼ぐのがなかなか難しくなってきたいます。

パチンコ店が、釘を調整することができなくなったり、等価交換を禁止するようになったりしています。

僕が稼いでいた頃のように、回る台を探してひたすら打つというようなことは難しくなっています。

僕が通っていたパチンコ店も、方針が変わり、釘がガチガチに締められて、稼げる状況ではなくなりました。

そうなったら、違う店を探しに行くのですが、簡単に良い店が見つかるようなことがなくなっていますので、早々に諦めてしまいました。

昔なら、日当1万円くらいを期待できる台なんて、比較的簡単に見つかっていましたが、今だと、ボーダーラインを超える台ですら見つけるのが難しいですね。

地域によるかもしれませんが、現在僕の住んでいる地域でもかなり難しいです。

よって、パチンコを副業として稼ぐのはかなり大変なことだと思います。

副業でお金を稼ぎたいならパチンコではなくこの方法がオススメ

一応、僕もブログとか書いちゃってるので、パチンコ以外のオススメ副業を紹介します。

パチンコの良いところは

  • 好きな時に行くことができる
  • 遊び感覚で稼げる

でしたが、結局のところ、時間の拘束があります。

パチンコ屋さんに行く時間が少なくなれば、その分期待できる収入も少なくなります。

また、マイナスになることもあるので、リスクもかなり大きいです。

これは、なかなかツライもんがあるので、僕はパチンコを辞め、他の副業をすることにしました。

現在、僕がメインでやっているのは、この2つです。

  • ブログ(アフィリエイト)
  • FX

この2つは、資産構築型の副業なので、稼げるまでの時間はかかりますが、ほとんど何もしなくてもお金が入るというような状況を作ることもできます。

パチンコの場合、仕事をしながら月に100万円を稼ぐってのは難しいかもしれませんが、ブログやFXでなら可能です。

実際に多くの方が月100万円を稼いでいますよね。

今の時代では、老後のことも考えて、このような資産構築型の副業をするのがいいと言われていますし、僕もそう考えています。

ブログやFXについては当ブログでも書いていますので、よければ参考にしてみてください。

パチンコでの副業まとめ

パチンコでの副業は可能です。

しかし、現在では稼げる店は少なくなってきています。

もし、パチンコを副業としたいのなら、僕のやっていた方法で試してみてください。

本当は、出玉削りや、電チュー時の玉減りなども考慮する必要がありますが、とりあえずはこの記事で書いてある方法が基本となります。

しかし、パチンコは稼げたとしても、あくまで労働収入です。

既に、規制が厳しく、下り坂の業界となってきています。

今よりもさらにパチンコ業界が廃れていくと一気に稼げなくなる可能性もあります。

鹿王のアイコン画像鹿王

パチンコにハマってしまい、稼ぐどころか、パチンコ屋の養分になってお金を減らしてしまう可能性もありますから注意ですよ!

もちろん、パチンコは、パチンコ店に行かなければ稼ぐことはできませんので、資産構築型の副業の方が将来的にはメリットがあります。

将来のことを考えるのなら、できれば収入が入る仕組みを作りましょう 。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる