DEER GOLD

こちらはDEER GOLDの解説ページになります。

Contents

DEER GOLDの特徴

通貨ペアGOLD
時間足5分足
最低証拠金20万円~(0.01lot)
推奨証拠金50万円~(0.01lot)

DEER GOLDはゴールドのナンピンマーチンEAです。

厳選したエントリーにより1ポジでの決済も多く、仮に捕まった時にも早期利確を目指します。

レンジ相場にはとても強く大きな利益を生み出すことができますが、強いトレンド相場には弱い傾向があります。

また、ご自身の許容損失に合わせてパラメーターを変えれるようにしていますので、バックテストを行い、資金や許容損失に合わせたパラメーターでの稼働を推奨いたします。

DEER GOLDは優秀なEAだと自負しておりますが、相場に絶対はありませんので、稼働の判断はご自身の責任のもとで行うようお願いします。

以下、REAL TRADEで公開しているデモ口座の成績です。(XMスタンダード口座 50万円 0.01lotスタート)

DEER GOLD | GogoJungle

設定可能なパラメーター

デフォルトは直近1年間で最適だと思うパラメーターにしていますが、相場状況や戦略、証拠金に合わせて設定を行ってください。

パスワード配布時にお伝えしたパスワードを入力
マジックナンバー他のEAと被らないように
初期ロット初期ロット(基準ロット)
初回エントリー制御trueにすると初回エントリーしない
※稼働停止したい時に使用できます
スリッページスリッページのpips
最大スプレッド制御エントリー可能な最大スプレッド
利確pips利確pips
最大ナンピン回数最大ナンピン回数
※10の場合、初期ポジ+ナンピン10回
ナンピン幅ナンピン幅(pips)
リスク回避発動条件設定したナンピン回数までいくと早期利確
発動時の利確pips↑が発動した際に早期利確するpips

リスク回避発動条件について

リスク回避発動条件で設定したナンピン回数まで到達すると、利益よりも早めに利確することを優先します。

ナンピン回数が多くなると合計ロットが増えどんどんリスクが高くなっていくため、早めに利確してリスク回避をした方がいいと考えています。

【例】「利確pips:20」「リスク回避発動条件:5」「発動時の利確pips:5」に設定した場合
・ナンピン回数4回までは全ポジション合計して+20pips到達時で利確
・ナンピン回数5回以上になると全ポジション合計して+5pips到達で利確
※発動時の利確pipsを小さくしすぎると、滑ってマイナス決済になることがあります。

証拠金やリスク許容範囲に合わせて設定をしてください。

無料配布について

DEER GOLDを使ってみたいという方は、XMのIB配布となりますが無料で行わせていただいています。

スタンダード口座、マイクロ口座どちらにも対応をさせていただいてますので、ご希望の方は公式LINETwitter鹿王TwitterのDMで「DEER GOLD配布希望」の旨ご連絡ください。

※ナンピンマーチンEAのリスクを承知いただいた方のみへの配布とさせていただきますので予めご了承ください。
また、EAの導入サポートは行っておりませんので、ご自身でお調べいただきますようお願いします。

※DEER GOLD用の口座開設リンクがありますので、ご連絡をいただいた後にお知らせいたします。

友だち追加

まとめ

ゴールドのナンピンマーチンEAはハイリスクと言われていますが、使い方次第で大きな利益を生み出す可能性を秘めていると思います。

ご自身で納得のいく戦略を立てて上手くご利用ください。

鹿王は、爆益を目指すよりもなるべく破綻しないよう安全な(ビビリ)運用を心掛けています。

重要指標時や週末や年末年始などは稼働を停止し、少しでもリスクを抑えるよう情報を仕入れながら稼働をしています。

オープンチャットでは、重要指標や稼働停止する予定をアナウンスしています。

利益報告やEA情報なども発信していますので是非ご参加ください!

FX取引は、多額の利益が得られることもある反面、原資の金額を上回る多額の損失を被る危険を伴う取引です。
取引を開始する場合又は継続して行う場合には、しっかりとその旨ご理解ください。
また、本内容のみでなく、取引の仕組みやリスクについて十分に研究し、自己の資力、取引経験及び取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任の中で取引を行って下さい。
上記内容を熟考し、どんな事由であろうとも当方責任は一切負いませんので、ご自身の決断で情報を精査願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents