MENU

初ボルダリングの時に気を付けたいジム使用のルール

2019 5/02
初ボルダリングの時に気を付けたいジム使用のルール

初めてのボルダリング!!

当たり前ですが、わからないことが多いですよね。

今日は意外と教えてくれないジムでのルールを書いていきます。 

目次

初ボルダリングの時に気を付けたいジム使用のルール

初めてボルダリングに行った時には、スタッフから色々と説明を聞くと思いますが、意外と教えてくれていない事も多いです。

これを知らないと後から注意を受けて嫌な思いをするかもしれないので、初めてのボルダリング前にある程度知っておきましょう。

また、ボルダリングを始めたての方も、もしかしたら知らないことがあるかもしれないので、参考にしていただけると嬉しいです。

登っている人がいる壁に近付きすぎない

登っている人がいる壁に近付きすぎると危険です。

なぜなら、登っている人が、どんな感じで落ちてくるかわからないから。

壁を登っている人は、ゴールまで落ちずにいけるとは限りません。

むしろ、登れるか登れないかのギリギリの課題に挑戦することが多い為、課題によっては遠くまで吹っ飛んで落ちることがあります。

この時、壁に近いところで待機したり、壁の近くを歩いてたりするとその吹っ飛んできた人とぶつかります。

自分が怪我するだけではなく、相手にも大怪我をさせる危険がある為、なるべく離れたところで待機しましょう。

ジムにもよりますが、同じ壁を登りたい時は、マットに上がらず、ベンチなどの待機場所で待ちましょう。

他の人と同じ壁で登る時はこっちに来るかどうかを確認してから登る

ボルダリングって、同じ壁に多くの課題が付いています。

ですので、スタート位置が違っても、途中で交差したり、ゴールに同じホールドが使われていたりします。

登っている途中で、交差したりすることが判明した場合、基本的には慣れている人が譲ってくれますが、できればスタート前に確認をしておくべきです。

近くの壁で登っている人がいる場合に交差するかどうかは、初めての方や、初心者の方にはわかりづらいと思うので、近くにいる慣れていそうな方に「この課題登っても大丈夫ですかね?」って聞いてみましょう。

きっと優しく教えてくれます。

これで、優しく教えてくれない人はクライマー失格!!

連続で登らない

先程と同じですが、ボルダリングって、同じ壁に多くの課題が付いています。

ですので、自分が登って途中で落ちた場合には、次に登る順番を待っている人がいると思っていてください。

スタートして2,3手で落ちてしまった場合でも、基本的に自分の順番は終わりです。

次の人に代わりましょう。

もちろん、待っている人がいない場合は、そのまま連続で挑戦してOKですからね!!

ただ、初めてのボルダリングでは、連続で登るとすぐに腕がパンパンになるので、できれば休みながら登ってくださいね。

その辺に置いてあるチョークバックは他のクライマーのもの

ボルダリングをする時って、手汗を抑える為、滑り止めの為にチョークを付けます。

ボルダリングジムに行くと、チョークを入れているチョークバッグが色々なところに置いているんですよ。

このチョークバッグジム側が皆さんの為に置いてくれている…のではなく、みんな個人所有のものです。

初めての方はもちろん自分のものは持っていないと思うので、レンタルをしましょう。

あるのとないのでは、登りやすさが違いますよ。

たまにですが、初めて来た人が自分のチョークバッグに手を入れていることがあります。

知らないので、仕方ないですが、「おいおい!!それ自分のやって~!!」って思うので、レンタルをしたチョークを使いましょう。

てか、これは教えていないスタッフが悪いですね。笑

ボルダリングではジムのルールがあるからちゃんと守りましょう

ボルダリングって、自由に登るだけって思われがちですが、意外とルールがあって、そのルールを守らないと、危険な思いをしたりします。

この記事を見て、少しでも情報を持った状態で初めてのボルダリングに行っていただければと思います。

もちろん、ルール多くて堅そうとは思わずに、気軽に行っていいんですからね!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる