ボルダリングで初心者にアドバイスをする時に気をつけていること!!

2019 12/13
ボルダリングで初心者にアドバイスをする時に気をつけていること!!

ボルダリングでアドバイスをするのって難しい。

間違った考え方でアドバイスをすると、相手のためにもなりません。

今回は、鹿王がボルダリングを始めたての人にアドバイスをする時に気をつけていることは何か?をテーマに書いていきます。

目次

ボルダリングは考えて登るスポーツ

まずはじめに、ボルダリングは、登りきること(完登)だけを目的とせず、どうやって登るかを考えることも楽しみの1つです。

登る前にはオブザベを行い、どうやって登るかをイメージして、シミュレーションします。

教えることは良いことですが、まずは自分で考えて登るものだと言う大前提を忘れないでおきましょう。

「アドバイス=登る答えを教える」ではない

ボルダリングでは「アドバイス=登る答えを教える」と思っている人がいますが、これはあまり良いことではありません。

先程にも触れましたが、ボルダリングは考えて登るスポーツです。

自分で、どうやって登るかを考えて、思い通りに完投できた時に達成感を感じることができます。

もちろん、完登できただけで達成感があり、うれしいのですが、自分で考えて完登できた時に比べると達成感は減ってしまいます。

また、考えることをしてこなかった人は、考えて登っている人よりも成長は遅くなると思います。

なので、答えを全て教えてしまうようなことは絶対にしていません。

あわせて読みたい
ボルダリングでムーブを教える時は慎重に!!
ボルダリングでムーブを教える時は慎重に!!ボルダリングで登れた時の快感ってなんとも言えないですよね‼︎でも、登らせてあげようと思って言ったアドバイスが、実は、ありがた迷惑になる時があります。それはどん...

初心者の方にもできれば自分で考えさせてあげよう

初心者の方は、ムーブの引き出しが少なく、自分で考えても、なかなか良い登り方ができません。

でも、そこで答えを教えてしまっては、その人の成長を遅くし、自分で考えて完投するという楽しみを奪ってしまう可能性があります。

なので僕は、何回かチャレンジするまでは見守り、頑張ってるなと感じな時点で、答えを教えるのではなく、簡単なアドバイスをするようにしています。

例:「このホールドは、ぶら下がるようにして持つと持ちやすいから、足を乗せるホールドを変えてみるといいよ。」など

たまに登り方を全部バラす人がいますが、それはあまり良いことではないと思っています。

あくまでも、答えを教えるのではなく、ヒントを出す感覚です。答えを教えてしまうと、考えて登る楽しさがなくなってしまうのです。

人によってムーブが違うことを忘れるべからず

 登り方を聞かれて教える時には「人によってムーブが違う」ということに気を付けています。

  • 180cmの人と165cmでは登り方が違って当たり前ですよね。
  • 男性と女性では登り方が違って当たり前ですよね。
  • 人によって得意な動き、苦手な動きがあって当たり前ですよね。

自分が完登した時の登り方で、女性も同じように登れるかと言うと、決してそうではないので、なるべくその人の身長や、性別によってアドバイスをするようにしています。その人の特徴がわかっていれば、その人が一番できそうな動きでの登り方をアドバイスするようにしています。 

たまに、ゴリゴリのパワー系男子が、155cmくらいの女性に自分のゴリゴリムーブを押し付けるかのごとく教えているところを見かけることがありますが、かわいそうですからね。

さいごに

今回は、初心者の方にアドバイスをする時に気を付けることをテーマに書いてきました。ボルダリングのアドバイスって難しくて、どこまで教えたらいいか、いつも悩まされます。

ボルダリングの楽しさを奪わないように、またその人が気持ちよく登れるようなバランスの良いアドバイスができればいいかなと思っています。

まだまだ自分も勉強中です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次