壁を登るスポーツってなんていうの?今流行りのスポーツを解説!

 のアイコン画像 

ほら。あの、あれ、壁を登るスポーツみたいなやつ。
最近テレビでよく見かけるやん。
あれなんて言うんやっけ?

テレビや雑誌などで最近よく見かける、壁を登るスポーツがあります。

あれってなんて言うのでしょうか?

東京オリンピックにも正式種目として採用された『スポーツクライミング』と言います。

オリンピックに正式種目として採用されたスポーツクライミングは、3種目からなり、『ボルダリング、リード、スピード』と、3種目の総合点で競います。

この記事では、その『スピードクライミング』の3種目についてそれぞれざっくりと解説しています。

読み終わった頃には、なるほど、おもしろそうなスポーツだと思っていただけるのではないでしょうか!

Contents

スポーツクライミングってどんな種目なの?

スポーツクライミングは、人工壁に付いている人工的な岩(ホールド)を使って、設定された課題(ルート)を登っていくスポーツです。

スポーツクライミングは、3種目の総合点で競います。

その3種目とは、スピード、リード、ボルダリングです。

体操の個人総合(男子だと、ゆか・つり輪・あん馬・跳馬・平行棒・鉄棒の総合点で競う)のイメージに近いと思います。

では、スポーツクライミングの3種目は、どんな種目なのか、東京オリンピックでのスポーツクライミングのルールについて解説していきます。

スポーツクライミングの種目①:ボルダリング

ボルダリングは、高さおよそ5m以下の壁に課題が設定されていて、いくつ課題を完登したかを競います。

完登数が同じだった場合は、それに要したアテンプト(トライ)数が少ない方が上位となります。

それでも同成績の場合は、課題の途中に用意されたゾーン(ボーナス)のホールドのポイント数を競います。

ゾーンとは、課題の途中でポイントとなるホールドを設定し、そのホールドよりも登れたり、保持できた時につくポイントです。

完登した場合は、必ずゾーン(ボーナス)のホールドを通過しているので、ポイントがつきます。

ボルダリングは、僕も趣味としてやっているスポーツです。

登れた時の快感が半端なく楽しいです。

ボルダリングの詳しいルールについては以下ページが参考になります。

Boulmedia
ボルダリングのルールを知ろう【簡単なのですぐに覚えられます】
ボルダリングのルールを知ろう【簡単なのですぐに覚えられます】こんな悩みに答えます。安心してください!ボルダリングのルールはとても簡単です。すぐに覚えることができます!この記事では、ボルダリングのルールについて詳しくステッ...

ボルダリング競技の東京オリンピックでのルール

高さ4メートル程度の壁に極限まで難しく設定されたコースを4分の制限時間内にいくつ登れるかを競う。

選手は事前に練習ができない中でルートを考えながら登り、トップ(最上部)のホールドを両手で保持することができればその課題(コース)はクリア(完登)。

選手はロープ無しで臨み、途中で落下しても再度トライできる。

ボルダリングの壁には、指先しかかからない小さなものから、両手でも抱えきれないホールドが設定されており、次のホールドには左右のどちらの足をかけるか、そのとき手はどこをつかむか、制限時間内に自分の能力を考えながら登らなければ攻略できない。

また、途中から手前に倒れこむオーバーハングになっていることが多いため、頭と体の柔軟性も必要。

頭脳と手足を上手に使いながら驚くような姿勢で、一つ一つ課題をクリアしていく選手を思わず応援したくなる。

引用元:東京オリンピック公式ページ

スポーツクライミングの種目②:リード

リードは、十数メートルの高さの人工壁を、ロープで安全を確保された状態でどこまで登れたかを競う種目です。

スタートからゴールまでのホールドに番号が振られていて

  • 25番目のホールドで落ちた⇒成績25
  • 30番目のホールドで落ちた⇒成績30


のように成績が付けられていきます。登れたホールドの数字が大きい方が成績が上となります。

リード競技の東京オリンピックでのルール

6分の制限時間内に高さ15メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う。

選手は安全のために、ロープをクイックドロー(ロープを引っ掛ける器具)に掛けながら登り、トップのクイックドローにロープを掛ければ「完登」となる。途中で落ちた場合はそこが記録となり、再トライはない。
完登した選手あるいは同じ高さまで登った選手が複数いる場合は、タイムのよい選手が上位となる。多くの選手は一手でも上に到達するよう渾身の力を込めて壁を登る。ダイナミックなクライミングが見どころとなる。

東京オリンピック公式ページより引用

スポーツクライミングの種目③:スピード

スピードのルールは、とても簡単で、同じ条件の壁をいかに早く登れるかを競います。

競技用の壁は、高さ、傾斜、ホールドの種類と位置・角度があらかじめ定められており、会場が変わっても同じ条件で登れるように設計されています。

実はこのスピードクライミング、日本では3種目の中で一番馴染みのない種目なのです。

日本には、スピードクライミング用の壁も少なく、競技者も少ないため、ボルダリングや、リードに比べてもワールドカップでも好成績を残せていません。

東京オリンピックでメダルを取るために、もっとも強化しなければならない種目です。

スピード競技の東京オリンピックでのルール

6分の制限時間内に高さ15メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う。

選手は安全のために、ロープをクイックドロー(ロープを引っ掛ける器具)に掛けながら登り、トップのクイックドローにロープを掛ければ「完登」となる。

途中で落ちた場合はそこが記録となり、再トライはない。

完登した選手あるいは同じ高さまで登った選手が複数いる場合は、タイムのよい選手が上位となる。

多くの選手は一手でも上に到達するよう渾身の力を込めて壁を登る。ダイナミックなクライミングが見どころとなる。

東京オリンピック公式ページより引用

ボルダリングとリードではオンサイト方式が採用されている

ボルダリングとリードについては、他の選手のクライミングを見ることは見た選手にとって大きなプラスになるため、自分が登る前は他の選手のクライミングを見ることができないオンサイト方式を採用しています。

オンサイトとは…
目標のルートについて情報をもたないまま最初のトライで完登すること。
いくつかある完登スタイルの中でもっとも価値の高いものであるとされている。

競技前の選手は隔離されていて、競技開始直前に全員に数分に限りルートを見る時間が与えられます。

壁を登るスポーツ=スポーツクライミング

壁を登るスポーツ=スポーツクライミングだということを知ってもらえましたでしょうか。

最近、テレビや、雑誌などでよく見かけるのは、スポーツクライミングの中の『ボルダリング』です。

スポーツクライミングの中でも、一番気軽にできる種目で、施設もたくさんありますので、やってみたいと思った方は、ぜひ挑戦してみてください。

東京オリンピックでも、初めて正式種目として採用されたスポーツクライミングには注目が集まります。

日本選手は、世界最高レベルなので、メダルの獲得にも期待できます。

メダルを獲得できた際には、もっと知名度もアップして、クライミングブームがくるかもしれませんね!

そして、クライミングは、観戦していても、手に汗握る展開が多くてドキドキワクワクします。

まだ、見たことないという方は、大会がユーチューブで配信されていますので、一度チェックしてみてください。 

じゃらんや、アソビューみたいに、ボルダリングの予約ができるサイトもありますので、ボルダリングをやってみたいという方は、近くにジムがあるか調べてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる