ストレッチ動画でボルダリングに必要な柔軟性を手に入れよう

 のアイコン画像

趣味でボルダリングをしているけど、ストレッチもちゃんとした方がいいの?

もちろん、趣味クライマーでもストレッチはやった方がいいです。

自宅でボルダリングのためにできることといえば、自重トレーニング、トレーニンググッズを買ってトレーニング、フィンガーボードを設置など、色々ありますが、忘れられがちなのがストレッチです。

個人的に感じていますが、ボルダリングのためにストレッチをしているという人は意外と少ないのではないでしょうか?

この記事では、体を柔らかくして、ボルダリング向上を目指すためのオススメストレッチ動画を紹介しています。

体が柔らかくなると、ボルダリングもやりやすくなる。

きっと違いがわかりますよ!

Contents

ボルダリングに必要な股関節や開脚の柔軟性を上げるストレッチ

僕が、お風呂上りに実践しているオススメストレッチ動画です。

ストレッチを始めてから、体も軽くなり、登りやすくなったと実感しています。

体が硬い!という方は、その体の硬さが上達を妨げているかもしれません。

健康的にもいいので、ぜひ紹介する動画を見て実践してみてください。

【最新版】 股関節が『超』硬い人向け!体がどんどん柔らかくなるストレッチ!

股関節って痛めやすかったりもしますので、日頃からやっておくとケガの予防にもいいですよ!

開脚できるようになるストレッチ!【2週間で開脚ベターっになる方法】

ボルダリングをするうえで、股関節の柔らかさ、開脚をする柔らかさは必要です。

ボルダリングのムーブで、ハイステップ、手に足が苦手な方は、股関節が硬いことが原因だったりします。

また、遠いフットホールドを踏んだり、ステミングをする時には、開脚する筋肉の柔軟性が必要だったりもします。

ステミングは、2つの壁に挟まれた時に壁に挟まれたときに両足で突っ張ることで体を安定させるムーブです。

ステミングはこの画像のようなムーブですね!

ストレッチをするとボルダリングのステミングがラクになる

ステミングは、使う頻度が低いかもしれませんが、ハイステップと手に足はよく使います。

股関節と開脚の柔軟性が上がれば、ムーブの引き出しも増えるので、オススメです。

ちなみに僕は、股関節が比較的柔らかく、ハイステップと手に足が得意です。

(もちろん、柔軟性以外のテクニックも駆使してますが…笑)

でも、もっと軟体生物のような動きをしたいという、ちょっと変わったクライマーです。

さらに股関節と開脚ができるように柔らかくして、人ができないようなムーブをするために、ほぼ毎日ストレッチをしています。

ボルダリング後のクールダウンにもいい肩甲骨ストレッチ

ボルダリングは肩周りの筋肉をよく使うため、肩甲骨ストレッチが効果的です。

肩甲骨周りが柔らかくなると、ケガのリスクも軽減できるし、遠くのホールドを掴みにいく時に、グンッと腕が伸びるようにもなってきます。

距離出しが苦手な方は、肩甲骨周りの筋肉を柔らかくして、遠くのホールドを掴めるようにしていきましょう。

肩甲骨『超』硬い人向け!体を柔らかくするストレッチ

ボルダリングをやっていて肩甲骨周りが硬いと致命的だと思います。

自分は硬い方だと思うなら、柔らかくなるまで続けましょう。

また、今回は超硬い編を紹介していますが、これでも苦しい方はさらに優しい『超超硬い編』のストレッチもあります。

腕をグーンと遠くに伸ばす肩甲骨ストレッチ【ボルダリング自宅トレ】

クロスムーブをする時にも肩甲骨周りの柔らかさが必要となりますので、ボルダリングをするうえで必要なストレッチだといえます。

また、ボルダリングをした後のストレッチとしても効果的なので、ストレッチのやり方を覚えてクールダウンにも使ってください。

僕は、ボルダリングをした次の日は肩甲骨周りが筋肉痛になったり、重いと感じることが多いので、ストレッチをして体のケアをしています。

肩甲骨周りのストレッチは、デスクワークの人にもいいので、使いどころがたくさんありますね。

ストレッチで柔軟性を上げて快適なボルダリングライフを

ボルダリングのためになるストレッチをオススメ

自宅でできるボルダリングのためのトレーニングは色々ありますが、ストレッチも重要です。

ストレッチをすると登る時に体が軽くなったり、ムーブの引き出しが増えるほか、ケガをしづらい体作りをするためにも効果的です。

いくら強くても、ケガをして登れなくなってしまったら、すぐに周りとの差が開いてしまいます。

ケガを気にしながら登るのもストレスが溜まって嫌ですしね。

楽しく快適なボルダリングライフを送るためにも、今回紹介した動画を参考にストレッチをしてみてくださいね。

自宅でできるボルダリングトレーニングのグッズも紹介していますので、チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる