人見知りでもボルダリングはできる!話すキッカケや人見知り克服法を紹介

2019 12/13
人見知りでもボルダリングはできる!話すキッカケや人見知り克服法を紹介

人見知りだけど、ボルダリングを始めても大丈夫!?

ボルダリングジムに通っても人見知りだからやっていけるか心配。

スポーツしたいけど人見知りなので足が重い…。

こんなことを思っている方はいませんか?

ボルダリングは個人スポーツなので、人見知りでもできます。

むしろ、人見知りの人こそボルダリングに合っているとかもしれません。

また、人見知りを克服したいと思っている人にもボルダリングはオススメです。

僕は、ボルダリングがキッカケで人見知りがだいぶ克服できました。

それはなぜか?ボルダリングジムには、話すキッカケが作りやすい環境があるからなのです。

目次

ボルダリングは人見知りでもできるスポーツ

ボルダリングは個人スポーツなので、人見知りでもやっていけます。

むしろボルダリングでは、人と会話をするのではなく、壁と会話をするのです。

これは冗談ですが、個人スポーツなので、別に誰とも話さずに登っていても構いません。

もちろん、ワイワイ登りたい人もいれば、静かに1人で集中をして登りたい人もいます。

人それぞれのスタイルで楽しむことができるのがボルダリングの魅力です。

しかし、ボルダリングは他の人と「この課題をどうやって落とすか(登るか)」を一緒に考えることも楽しさのひとつです。

これは、人見知り全開ではなかなか難しいですよね。

でも、ボルダリングジムの環境を利用して、人見知りだとしても、ボルダリングジムでは話せる人を目指していくことが可能なのです。

人見知りを克服したい改善したい人にもオススメ

画像

本当はいろんな人と話したいが、人見知りなのでなかなか話すことができない。

こんな人にもボルダリングはオススメです。

ボルダリングでは話すキッカケを作りやすいのです。

相手から話しかけてきてくれる可能性も高いし、こちらから話しかけるハードルもそこまで高くありません。

例えば、ボルダリングジムではこんな状況があります。

自分が登っていると、後ろからガンバと応援する声が聞こえた。

無事挑戦している課題を完登したら、ナイス!と声をかけてくれた。

そこで自分はありがとうございますとお礼をいった。


ほら、話すキッカケができているでしょう?

このあと、応援してくれた人が登っている時にガンバ!と言い、登れたらナイス!と言うと、さらに会話が生まれるかもしれません。

また、ボルダリングはずっと登っていると腕がもたないので、回復するまでは待機をしています。

その待機中に周りにいるボルダリング仲間と話をすることも多いのです。

1回話すことができると、後日も話しやすい状況となります。

このようにボルダリングジムでは、ちょっとしたことで話すキッカケが作れるのです。

同じくらいのグレードを登っている人と応援し合えると、きっと話せる関係になっていくでしょう。

こうゆうところには注意が必要

自分の最高グレードより圧倒的に低いグレードを登ってる人を応援しないようにしましょう。

3級を登れる人が6級を登ってる時にガンバって言われても「?」となります。

たぶんその人は、アップやクールダウンとして登っているのだと思います。

言えば、頑張らなくても登れる課題なのです。

どういう人に声をかけるのがオススメか?

自分が登っている課題を同じように何回も挑戦している人は、グレード感も近いのでお互いに応援しあえると話せるようになります。

これを続けているとボルダリングジムで話せる人になる

このようにボルダリングジムの中で、色々な人と話せるようになってきたら、次は自分から話しかけるようにしましょう!

自分がガンバ!と言ってもらえて嬉しかったように、他の人も応援してもらえると嬉しいはずです。

これができるようになれば、徐々に人見知りも克服され、ボルダリングジム以外でも、話すキッカケさえあれば、自分からでも話せるようになっていくでしょう。

鹿王 鹿王

ボルダリングジムでの話すキッカケは応援すること

スポーツをしたいが人見知りの人や、人見知りを克服したい人はボルダリングをやってみては?

ボルダリングは話すキッカケが作りやすいので、人見知りの人でも他の人と話せるようになってきます。

ボルダリングがキッカケで人見知りを克服できたという人もいます。

人見知りを少しでも克服したいなら、まずはガンバ!と応援するか、課題を登りきった人にナイスと言ってみましょう。

それがキッカケで話せるようなるかもしれません。

というか、僕もちょっと人見知りでしたが、ボルダリングを始めてから、「人見知りやったとか絶対ウソやん!」と言われるくらいまで克服することができました。

もちろん、人見知りを克服できたのはボルダリングジムの中でだけですが、それ以外の場でも、だいぶマシになり、今までよりは自分から話せるようになっています。

ボルダリング人見知り克服法ですね。笑

多くのボルダリングジムでは、通っているみなさんがフレンドリーに話してくれるので、思い切って自分からも話しかけたりしてみましょう。

ボルダリング仲間がいっぱい増えた方が、楽しいボルダリングライフを送ることができると思いますよー。

それではまたー。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次