初めてのボルダリング!必要な持ち物や費用は?どんな格好でやればいいの?

2019 12/13
初めてのボルダリング!必要な持ち物や費用は?どんな格好でやればいいの?

友達にボルダリングに行こうと誘われて行くことになったけど、どんな格好で行ったらいいの?必要な持ち物やお金は?

最近、ボルダリングが流行ってきていますが、あまり馴染みのないスポーツです。

ボルダリング経験者と行くならば、経験者に聞けばいいのですが、一緒に行く人がみんな初めての場合、どんな格好でやればいいか、必要な持ち物はあるのかわからないですよね。

そんな方は、この記事を見ていただければ、ボルダリングをやる時の格好や、必要な持ち物がわかります。

ボルダリング当日までに、必要なものは揃えておきましょう。

目次

ボルダリングに行く時に必要な持ち物は?

ボルダリングは身軽でできるスポーツなので、必要な持ち物ものはほとんどありません。

少ない持ち物で、気軽にできるのがボルダリングの魅力です。

お金【ボルダリングに必要な費用】

ボルダリングでは、ジムを使用するのにお金がかかります。

初回の場合、【登録料+ジム使用料+レンタル代】がかかります。

※登録料はジムごとにかかります。(登録料無料のジムもあります。)

ボルダリングジム使用料

  • 登録料:1,000円~2,000円
  • 利用料:1,000円~2000円(1日利用時)
    ※90分や、120分利用などの利用料が安くなるプランが用意されているジムもあります。

レンタル料

  • シューズ:200円~500円
  • チョーク:100円~300円

ボルダリングは、初回のみ登録料がかかるので高くなります。

念のため、5,000円以上は用意をしていった方がいいでしょう。

鹿王 鹿王

もっとボルダリングを楽しむ人が増えるように、初回の料金が安くなることを願っています。

しかし、ジム使用料以外であまりお金がかからないので、比較的始めやすいスポーツだと言えますね。

趣味にする人も増えてきていますよ。

あわせて読みたい
【スポーツ好き必見】低コストで始められる趣味の代表はボルダリングで決まり!
【スポーツ好き必見】低コストで始められる趣味の代表はボルダリングで決まり!そんなあなたには、ボルダリングがオススメです。ボルダリングは、揃える道具も少なく、気軽に始めることができるスポーツの代表格です。最近では、仕事終わりにボルダ...

ボルダリングをやる時に必要な持ち物

ボルダリングは、自分の身体ひとつで壁を登るスポーツなので、基本的にシューズ・チョーク以外に道具は必要ありません。

初めて行く方は、シューズ、チョークをレンタルしますので、ほとんど持ち物がないと言っていいでしょう。

飲み物

壁をガンガン登っていると、汗をかきますので、飲み物を持っていきましょう。

また、ボルダリングジムは空気が乾燥しがちですので、喉がカラカラになります。

水分補給だけではなく、喉を潤すためにも、飲み物は必要です。

あらかじめ準備をしていなくても、ジムに自販機があったりしますので、現地調達も可能です。

靴下(なるべく薄め)

ボルダリングシューズをレンタルする時には、靴下を履くことが条件となります。

靴下を忘れると、購入するか、ビニール袋を履かなければなりません。

必ず持って行くようにしましょう。

鹿王 鹿王

夏場などは、サンダルで出かけることも多いので、忘れがちです!

髪の長い人はヘアゴムを持参

髪が長い方は、邪魔になる可能性が高いので、ヘアゴムを持って行ってください。

ボルダリングは、意外と繊細な動きが多いので、紙が長いと邪魔になって登りづらい思いをするかもしれません。

 ボルダリングをやる時の格好は?

ボルダリングでは、この格好でやりなさいというような決まりはありません。

基本的に動きやすい格好でやれば間違いないでしょう。

ボルダリングをやる時の格好【上半身】

動きやすい服であれば問題ありません。

Tシャツやスポーツウェアがオススメです。

ほとんどの方が、普通のTシャツで登っていますので、わざわざスポーツに適した服を用意しなくても大丈夫です。

ただし、チョークで真っ白になるおそれがあるので、気に入りの服は避けた方がいいですね。

女性の方は、Tシャツ選びを慎重に!

こちらの記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
脇汗注意!?ボルダリングの時に着るTシャツ選びが重要な理由
脇汗注意!?ボルダリングの時に着るTシャツ選びが重要な理由ボルダリングをする時に着るTシャツ選びを適当にしていませんか?ボルダリングをする時の服装って結構大事です。Tシャツ選びに失敗すると恥ずかしい思いをしながらボル...

ボルダリングをやる時の格好【下半身】

上半身よりも大事なのが、ズボンなどの下半身です。

基本的には、クライミングパンツやジャージなどのスポーツウェアを着ると大丈夫ですが、ジーパンや、普段着でも可能です。

ただしボルダリングでは、足を高く上げたり、小さいホールド(石)を踏むこともあるため、裾が長すぎたり、ダボダボのズボンは控えた方がいいでしょう。

登りづらいだけではなく、裾を踏んでしまって危険な落ち方をする場合がありますので、裾の長いズボンや、ダボダボのズボンを持って行かないように気を付けてください。

最近では、グラミチなどのクライミングパンツがファッションとしても注目されています。

ボルダリングをやってないけど、奇跡的に持っているかもしれません。

クライミングパンツは、足を動かしやすいように、股や膝の部分が特殊な縫い方をされていますので、オススメです。

鹿王 鹿王

ピチピチのズボンも、足を上げたり広げたりしにくいので、オススメできません。

女性は注意!この格好でボルダリングは絶対にダメ!

女性の場合、ボルダリングをやる時に格好に気を付けなければならないことがあります。

以下の格好で行くと恥ずかしい思いをしますので、注意してください。

スカート・ショートパンツ

ボルダリングは、高いところに登ったり、足を高く上げたり、広げたりするので、スカートでやるとパンツ丸見えです。

また、かなり短めのショートパンツの方は、足を広げるとパンツが見えそうになったり、太もも丸出しで男性に注目されてしまいます。

この2つはボルダリングに全く適していませんので、やめておきましょう。

薄い素材のスウェット

スウェットは一見動きやすく、ボルダリングに適してそうに思いますが、薄い素材だとパンツのラインがくっきりと見えてしまいます。

また、薄い素材だと、足を上げた時に、スウェットがお尻に食い込んで、恥ずかしい思いをすることもあります!

自分では見えないのでわかりづらく、気付かずに終わる場合もあります。

あとから、友達に撮ってもらった写真や、ムービーを見て気付くということがほとんどですので、最初から薄めのスウェットはやめておきましょう。

鹿王 鹿王

初めてボルダリングジムに来る女子は薄い素材のスウェット率高め。

ボルダリングは動きやすい格好とお金があればオッケー!道具はレンタルしましょう

ボルダリングは、準備する物も少なく、家にある服でできるため、いきなり誘われても大丈夫です。

財布と、動きやすい服さえ持っていけばオッケーですね。

初めてのボルダリングで必要な物
  • お金:5,000円くらい
  • 靴下
  • 動きやすい格好

初回の費用はかなり高いですが、一度行ってしまえば楽しくて、ハマる人が多いです、

気軽に楽しめるボルダリングを趣味にして、運動不足を解消していくのはいかがでしょうか。

料金や、ルールなどは、ジムによって違いますので、行く予定のジムのホームページなどで確認してみてくださいね。

asoview!(アソビュー)では、ボルダリングの体験を安く予約できます。

まずは、体験からという方は、こちらから予約することをオススメします。

画像 画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次