MENU

初めてのボルダリングに必要な持ち物は?身軽な格好で行けるのが魅力

2020 3/02
初めてのボルダリングに必要な持ち物は?身軽な格好で行けるのが魅力

初めてのボルダリングに行く時に必要な持ち物についてまとめました。

この記事を見ていただければ、初めてボルダリングに行くのに必要なものがわかります。

あれ?これだけでいいの?

って思うほど身軽に行けるのがボルダリングの魅力でもありますので、これを見てボルダリングデビューをしちゃいましょう。

Contents

初めてのボルダリングで必要な持ち物は?

初めてボルダリングに行く予定ができたけど、何を持って行けばいいかわからない。

何か買わないといけないものはある?

こんなことをよく聞かれますが、ボルダリングに行くのに買う物はほとんどありません。

いきなり誘われてもOK!

これさえあればボルダリングができます。

  • ボルダリングジム利用料(レンタル代含む)
  • 動きやすい恰好(普通の服でOK)
  • 靴下

では、具体的に解説していきましょう。

ボルダリングジム利用料(レンタル代含む)

ボルダリングジムを使用するのにお金がかかります。

道具(シューズやチョーク)はレンタルしますので、あらかじめ買っておく必要はありません。

もし、買うとするならば、「ボルダリングを続けたい!」「週1くらいでは通いたい!」と思ってからでも遅くはありません。

ボルダリングジムを初めて利用する時には、この3つがかかります。

  • 登録料
    ※無料のところあり
  • ジム利用料
  • レンタル料

この3つでどれくらいのお金がかかるのか?

  • 登録料:1,000円~2,000円
  • ジム利用料:1,500円~2,000円
  • レンタル料:500円(シューズ、チョーク)

ボルダリングは、初回のみ登録料がかかる分高くなる傾向があります。

念の為、5,000円くらいは用意をしておいた方がいいでしょう。

初回でこそお金はかかりますが、道具を揃えて、フリーで利用できる会員になれば、比較的低コストで続けることができる趣味だと言えます。

ボルダリングを趣味にする社会人が増えてきているのも納得です。

動きやすい恰好(普通の服でOK)

ボルダリングは、自分の身体ひとつで壁を登るスポーツなので、基本的にシューズとチョーク以外に道具は必要ありません。

初めて行く時はシューズとチョークをレンタルしますので、動きやすい恰好だけでOKです。

スポーツができる格好であれば十分ですが、ジャージなどを持っていなければ、普段着ている服の中で動きやすそうな服を選べばOKです。

ジャージに比べると、少し動きにくいかもしれませんが、Tシャツ・ジーパンでもできるのがボルダリングです。

ただし、ボルダリングで使うチョークで汚れてしまう場合があるので、多少汚れてもいい服を選ぶのがいいでしょう。

女性は、Tシャツ選びに少し気を使った方がいいかもしれませんがね。

靴下

ボルダリングのシューズをレンタルする時に靴下が必要です。

靴下を持ってないと、基本的にレンタルさせてもらえません。

シューズを履く方も、知らない不特定多数の誰かが履いていたシューズを裸足で履くのは嫌ですよね?

サンダルで行動することの多い夏場は靴下を忘れがちなので注意です。

初めてのボルダリングであるといい持ち物

ここまでは、初めてのボルダリングに必須な持ち物を紹介してきました。

他にもこれを持って行くといいものがあります。

飲み物

ボルダリングは意外とハードなスポーツなので、頑張って登っていると汗をかきます。

また、ジムの中は空気が乾燥していることが多いので喉が乾きます。

持っていってなくても、ジムで売っていたり、近くのコンビニや自販機で買うことができるので、現地調達しましょう。

ヘアゴム

髪の長い女性はヘアゴムを持って行きましょう。

ボルダリングは意外と繊細な動きをしたり、足で踏むホールドを見るために下を向くことが多いので、髪が長いと邪魔になってしまうこともあります。

初めてのボルダリングで必要の持ち物まとめ

初めてのボルダリングで必要な持ち物って意外と少ないでしょう。

とりあえずやってみたいという段階で、買い揃えるものがないのがボルダリングの魅力でもあります。

初めてのボルダリングで必要な物
  • ジム利用料『5,000円くらい』
  • 靴下
  • 動きやすい格好

これらがあれば、気軽に挑戦できるスポーツなので、気になったら思い切って体験してみましょう。

ボルダリングは、登れた時の達成感があり、1回やると病みつきになる人も多いスポーツです。

運動不足の方や、趣味を見つけたい方にも長く続けられるのでオススメです。

ボルダリングに誘われていくことになったけど、いまいちどんなスポーツかわからないという方のは↓の記事がオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる