【スポーツ好き必見】低コストで始められる趣味の代表はボルダリングで決まり!

2019 12/13
【スポーツ好き必見】低コストで始められる趣味の代表はボルダリングで決まり!
B郎さん B郎さん

趣味がほしいけど、そこまでお金をかけたくない。
スポーツ系の趣味ってお金がかかるイメージがあるし…。
低コストで始められる趣味ってないのかな?

そんなあなたには、ボルダリングがオススメです。

ボルダリングは、揃える道具も少なく、気軽に始めることができるスポーツの代表格です。

最近では、仕事終わりにボルダリングジムに通う社会人も続出しています。

男女年齢関係なくできるボルダリングですが、この記事ではコスト(費用)面の魅力を解説していきましょう。

目次

ボルダリングは低コストで始められて趣味にもできる

最近、社会人の趣味として人気が出てきているボルダリングですが、その魅力の1つに「低コストで始めることができる」という点があります。

ボルダリングは、自分の身体を使って壁を登っていくスポーツなので、準備する道具も他のスポーツと比べて少ないです。

最低限必要な道具はシューズとチョークのみ。

服装にも制限はなく、動きやすい服であればなんでもオッケーです。

始めたての頃は、シューズやチョークはレンタルできるのでお試しに通ってみることもできます。

よし!ボルダリングを続けてみよう!となってから道具を揃えればいいですね。

では、ボルダリングはどれくらいのコストで始めることができるのでしょうか。

他のスポーツと比較しながら解説をしていきます。

ボルダリングを始める時にかかるコストとは?

ボルダリングを始めるとなったら、最初はシューズとチョークをレンタルすることになると思います。

ボルダリングジムを利用するのに料金がかかりますので、「ジム利用料+レンタル料」が始める際にかかるコストです。

しかし、多くのボルダリングジムでは、初回登録料がかかりますので、「ジム利用料+レンタル料+初回登録料」が初回にかかるコストとなります。

初回のみ少し高くなってしまいますので、注意が必要です。

初回にかかるコスト
  • 登録料:1,000円~2,000円前後
  • 利用料:1,000円~2,000円前後
  • レンタル:シューズ+チョーク 500円前後

初回のみ5,000円くらいのコストがかかります。

鹿王 鹿王

初回が高いってのは、ボルダリングを始める敷居を高くしている気がしますけどねー。

ボルダリングを続けるとなったらどれくらいのコストがかかる?

ボルダリングを始める時にかかるコストがわかりました。

では、ボルダリングを続けていこうとなったらどれくらいのコストがかかるのかを解説していきましょう。

ジムの利用にかかるコスト

ボルダリングジム最大手のグラビティリサーチを例に解説していきましょう。

鹿王 鹿王

グラビティリサーチより高いってところはあまり見たことがないので、この基準で考えればいいと思います。

ジム利用料

ビジター料金と会員料金があります。

ビジター利用
1日利用(フリー)2,100円
120分1,800円
レディースデイ1,400円
シニア(55歳以上)1,400円
会員料金【GRメンバーズ】
入会金10,000円
月会費10,500円
1年契約9,450円

※1年契約の場合、1年ごとの更新となり、途中解約をすると「解約料:10,000円」がかかります。

グラビティリサーチの会員プランは少し特殊ですが、基本的にどこのジムにも月会員制度(毎月○○円など)があり、入会金等はかからない場合が多いです。

シューズやチョークなど道具にかかるコスト

ボルダリングで最低限必要な道具は以下になります。

  • クライミングシューズ
  • チョーク
  • チョークバッグ

これさえあれば、ボルダリングを続けれるんです。

むしろ、これ以外に必要な物って、ホールドを磨くためのブラシくらいです。

揃えるものが少ないのもコストがかからない理由ですね。

具体的にボルダリングに使う道具はこんなものです。

ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)

ボルダリングシューズは、15,000円~20,000円前後のものが多いです。

1足目から良いシューズを買う必要はなく、できれば初心者用の安めのシューズを買ってください。

ボルダリングでは、高いシューズを履けば難しい課題を登れるというわけではないので、高いシューズを買う必要はないですよ。

1足目でシューズの感覚に慣れて、2足目に自分のスタイルに合った良いシューズを選ぶといいでしょう。

ボルダリングのシューズを安く買う方法もあります。

こちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)をお得に安く買う方法まとめ
ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)をお得に安く買う方法まとめボルダリングシューズをお得に安く買っている鹿王が、実際にやっている方法を紹介します。上手くいけば、定価で買うよりも30%以上のお得に買うことだってできちゃいま...

チョーク

チョークは登る時に手汗を防ぐのに使います。

手汗をかくと滑ったり、次の人が登る時にヌメヌメしたりするので、買っておきましょう。

特にこれがいいというものはないので、安いモノでも大丈夫です。

ちなみに僕は東京粉末のチョークを使っています。

チョークバッグ

チョークバッグは、チョークを入れるのに使います。

チョークが入っている袋にはジップロックみたいにチャックが付いている場合もありますが、置いた時に不安定でこぼれたり、チョークアップ(チョークを手に付ける)がしづらいです。

これは、チョークバッグがあると解決できます。

このようにオシャレなチョークバッグも売っていますので、他の人よりもオシャレにボルダリングを楽しみたい方は、ここで差をつけましょう。

チョークバッグは代用できるものも多いので、コストを抑えたい方は、工夫をしてオリジナルのものを用意するのもありだと思いますよ。

ボルダリングにかかるコストの目安は【月1万円前後】

ボルダリングは、道具さえ揃えてしまえば、ジムの利用料くらいのコストしかかかりません。

シューズは、大切に使えば1年くらいもちますし、チョークも2~3ヶ月に1回買い替える程度です。

ジムには、週に2回以上通うのであれば、月会員になった方がお得です。

月会員は8,000円~12,000円くらいのところが多いです。

では、参考までに僕がボルダリングをするのにかかっているコストを紹介したいと思います。

僕がボルダリングにかけているお金
  • ジム利用料:7,500円
  • シューズ:年1回程度購入(18,000円)
  • チョーク:3ヶ月ごとに購入(2,000円)

これを12ヶ月分で割ると、1か月あたり9,600円くらいなので、約1万円がボルダリングにかかっているコストとなりますね。

チョークバッグは、5年前くらいに7,000円で買ったものをいまだに使っているので、含めていません。笑

厳密にいうと、ここにテーピングやサプリメント代、ブラシやクライミングソックス代がっかっていますが、必須ではないので、入れていません。

最低限の準備をしたとして、月1万円前後のコストをかければ、ボルダリングを続けていくことができるでしょう。

ちなみに、ボルダリングをする時の服装に決まりはなく、運動しやすい格好であればなんでもオッケーです。

このように家にあるTシャツとスウェットでも大丈夫です。

画像
鹿王 鹿王

月会員になれば、月に何回行っても同じ料金なのはいいですよ。
僕は、週3~4日ジムに行っています。

おろ猫 おろ猫

行きすぎやろ!笑

初めてボルダリングに行く時の格好や持ち物については、こちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
初めてのボルダリング!必要な持ち物や費用は?どんな格好でやればいいの?
初めてのボルダリング!必要な持ち物や費用は?どんな格好でやればいいの? 友達にボルダリングに行こうと誘われて行くことになったけど、どんな格好で行ったらいいの?必要な持ち物やお金は? 最近、ボルダリングが流行ってきていますが、あま...

揃える道具を他の運動系の趣味と比較

ボルダリングは、他の運動系の趣味に比べても低コストで始めることができます。

他の運動系の趣味と比べても、道具にお金がかからないのが特徴です。

ランニングなどと同じくらいのコストでできますね。

スノボー【目安:5万~10万円】

  • 板(ビンディング)
  • ブーツ
  • ウェア など

ゴルフ【目安:10万~15万円】

  • ドライバー
  • アイアンセット 
  • ゴルフウェア など

登山【目安:5万~8万円】

  • トレッキングブーツ(登山靴)
  • レインウェア
  • 登山に適した服
  • リュック・ザック など

ボルダリング【目安:2万~3万円】

  • ボルダリングシューズ
  • チョーク
  • チョークバッグ
  • スポーツウェア など
    ※ジムでは、Tシャツに動きやすいズボンの人が多い。

揃える道具は少ないがボルダリングジムの施設利用料がかかる

ボルダリングでは、道具にそこまでお金がかからないですが、ジムの使用料がかかります。

スノボーをする費用

  • リフト代:3,000円~7,000円

ゴルフをする費用

  • 打ちっぱなし(練習):2,000円~3,000円
  • ラウンド:5,000円~10,000円

登山をする費用

  • 交通費(ガソリン代・高速代)のみ
    ※入山料がかかる場合あり

スポーツジムに通う費用

  • 月会費:8,000円~12,000円
    ※使用頻度や施設により変動

ボルダリングジムに通う費用

  • ジム1日利用:1,000円~2,000円
  • 月会員:8,000円~12,000円

ボルダリングの施設使用料は安くないので、頻繁に通うのであれば月額会員になることをオススメします。

月額会員になれば、月に何回通っても同じ料金でいけますので、安心ですね。

ボルダリングは低コストで始められる

今回はボルダリングを始める時にかかるコストについて書いていきました。

もちろん趣味を続けていくのにはお金がかかりますが、ボルダリングは始めのうちに道具をレンタルできることもあり、比較的低コストでできると思います。

スノボーに行ってレンタルをすると4,000円~5,000円のレンタル料がかかるので、それに比べると高くはないですね。

ボウリングをする時のレンタルシューズと同じくらいの料金でレンタルすることができます。

ボルダリングを続けていくとマイシューズや、チョークなど道具にもお金がかかってきますが、買い替え頻度はそこまで高くないので、コスパは良いです。

だんだん道具にこだわりが出てくるのでお金がかかるようになってきますが…笑

趣味がほしいと思っている方は、低コストで始めることができるボルダリングを 一度体験してみてはいかがでしょうか!

ボルダリング仲間が増えていくことを願っています!

あわせて読みたい
社会人の運動不足解消にはボルダリングがオススメ│社会人こそボルダリング│
社会人の運動不足解消にはボルダリングがオススメ│社会人こそボルダリング│社会人になると運動する機会も減ってきて、運動不足になりがちです。運動をしていないと、メタボなどの生活習慣病にもなってしまいます。しかし、社会人になると、運動...

とりあえず、ボルダリングの体験だけしてみたいという方は、asoview!(アソビュー)というサイトで通常よりも安い金額でボルダリング体験をすることができます。

画像 画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次