外岩で使える便利なもの15選を紹介【快適な外岩ボルダリングを】

ボルダリングジムに行く時と、外岩に行く時では持ち物が変わってきます。

自然の中でボルダリングをするため、ジムでしか登ったことのない方は持ち物がわからなくて困るのではないでしょうか?

今回は、外岩に行く時に最低限必要なもの(シューズ、チョーク、ブラシ、マット、トポ)以外に、持って行くと便利なアイテムを紹介していきます。

僕が実際に持って行くものだけを厳選して紹介しています。

今後さらにいいものを見つけたらこのリストが増えていくかもしれません。

これは便利かもと思ったら、揃えて快適な外岩ボルダリングを楽しみましょう。

Contents

外岩に行く時にあると便利なもの15選

今から紹介するのは、必須ではないがあると便利なものです。

結構あるので、とりあえずリストにまとめてみました。

※文字をタップすると、ご希望のアイテムへジャンプすることができます。

外岩で最低限必要なものは、【外岩ボルダリングに最低限必要な持ち物】こちらのページで紹介していますので、参考にしてください。

外岩で便利なもの①
アプローチシューズ(トレッキングシューズ)

岩までのアプローチには、アプローチシューズやトレッキングシューズ(ブーツ)があると便利です。

むしろ、色々な岩場に行くのであれば、必須アイテムと言っても言いかもしれません。

岩場までのアプローチは、自然の中を歩くので、ぬかるみで滑ったり、突起物があったりします。

それを普通のスニーカーで行くとなかなかしんどいです。

僕は、岩場を目指して山道や、海沿いのガレ場(岩がゴロゴロと積み重なった場所)を30分以上歩いた経験もあります。

街中や整備された公園を歩くのとは違い、怪我のリスクが高まりますので、怪我を防止するためにも持っておくといいですよ。

外岩で便利なもの②
クロックス

外岩では、基本的にマットの上以外ではシューズを脱ぐようにします。

それは、シューズを履いたままだと砂や泥などがついてしまうからです。

いちいちシューズを脱ぎ履きするのがめんどくさいので、クロックスがあると便利です。

クライミングシューズを履いたまま、クロックスに足を突っ込みます。

すると、シューズを汚さずにちょっとした移動をすることができるのです。

※クライミングシューズを履いたままでもクロックスが履けるように、大きめのサイズを買うのがオススメ

アプローチが短かったり、安全なところだとアプローチシューズではなく、クロックスだけで行く場合もあります。

外岩で便利なもの③
PAMO(ブラシ)

出典:Amazon

外岩では、チョーク跡を落として帰るのが最低限のマナーです。

岩場では、ジムのようにちょっと登って磨きに行くということができない場合があります。

そんな、手の届かない所を磨くのにオススメなのがPAMOです。

長く伸ばしても力が入りやすく、安定して磨くことができます。

ブラシの毛質もよくて、チョークを落とすのに最強です。

また棒の先の角度も調整することができますので、リップ部分簡単に磨くこともできます。

PAMOには色々なサイズがありますが、僕のオススメは、古いタイプだと『pamostick short(伸縮幅 970~1,970mm)』、新しいタイプだと『pamostick B20-L(伸縮幅 980mm~2070mm)』です。

このサイズだとクラッシュパッドにすっぽりと収まるため、挟んで持ち運びができます。

意外と邪魔にならないので、オススメです。

古いタイプの見た目の方が好きなので、ずっと古いタイプを使っています。笑

PAMO公式サイト

外岩で便利なもの④
エビスの豚毛350ハブラシ(ブラシ)

出典:エビス株式会社ホームページ

僕が、外岩で細かなところを磨いたり、チョークを落とす時に使っているのが、このエビスのハブラシです。

エビスのハブラシはこんなメリットがあります。

  • 安い(ドラッグストアで200円くらい)
  • 細かなところを磨きやすい
  • めっちゃチョークが落ちる

クライマー界隈で密かに広まっているエビスのハブラシですが、安い、磨きやすい、チョークが落ちやすいの3拍子揃った、コスパ抜群のブラシです。

普通のハブラシなのですが、クライミング用として売られているブラシよりもチョークが落ちます。

また、岩場でブラシを使うとすぐに傷んでしまうため、安さも魅力です。

安いので、ぜひ買ってみてお試しくだいさい。

エビスの豚毛350ハブラシをボルダリング用ブラシとして使った感想でも、詳しく書いてますので、参考にしてみてください。

外岩で便利なもの⑤
ブルーシート

ブルーシートはクラッシュパッド(マット)の下に敷いて使います。

クラッシュパッド(マット)を直接地面に敷くと、砂や土がついて汚れます。

また、ずっと天気がよかったはずなのに、地面が濡れていることも多いです。

泥がついたら落とすのも大変ですし、泥がついたまま車や家に持ち込むのは嫌ですよね。

それを防ぐためにブルーシートがあると便利。

ちなみに、いきなり雨が降ってきた時には、荷物にブルーシートをかぶせて濡れないようにすることもできます。

山の岩場に行く時、天気が変わりやすいのであると心強いです。

外岩で便利なもの⑥
お風呂マット

外岩では、大きいマットの補助的な役割としてサブマットというものがあります。

created by Rinker
¥8,800 (2020/09/22 09:32:05時点 楽天市場調べ-詳細)

サブマットの存在

メインの分厚いマットのほかに、それを補助する役割を持つサブマットというものがある。それは、大抵メインのマットよりも薄く、面積が小さい一枚・一層構造なのでサブマットだけの上に着地するのはお勧めしない。しかし、ヒンジタイプの繋ぎ目部分に置いたり、ほかのクライマーのマットと一緒に置く場合のマットの境界線の上に置いたりして、より安全性を担保するという役割においては、絶大な効果を発揮する。したがって、二層構造でヒンジタイプの、すこし値段の安いものを買い、差額で汎用性の高いサブマットを購入するというのも一つの手だろう。

引用:https://offgames.net/

サブマットは少し高価なので、お風呂マットで代用している人が多いです。

created by Rinker
¥1,840 (2020/09/22 09:32:05時点 楽天市場調べ-詳細)

ラバーなど、柔らかめの素材のものであればなんでもOK。

ホームセンターなどで安く売っているので、コスパもいいし、汚れてもサッと洗えるのでオススメです。

(サブマットは、洗うのがめんどくさいです…笑)

外岩で便利なもの⑦
足ふきマット

足ふきマットは、シューズについた砂や土を落とすために使います。

砂や土がついていると、滑ったりして登りづらくなります。

もちろん、タオルなどでもOKですが、僕は、岩を登る順番待ちの時にこの足ふきマットの上でシューズを履いたまま待機しています。

岩場が混んでいると、『次に自分が登るぞ!』という姿勢を見せないとなかなか順番が回ってこないので、この作戦を使っています。

結構『次どうぞ』と順番を回してもらえるのでいいですよ。笑

外岩で便利なもの⑧
スマホ三脚(クネクネするやつ)

完登動画を撮るために、スマホ用の三脚を使って動画の撮影をしています。

岩場は不安定な場所が多く、上手くスマホを固定して撮影することができません。

そんな時に役立つのがスマホ三脚です。

特に足がクネクネするスマホ三脚がオススメで、これなら不安定な場所でも固定ができます。

木にくくりつけたりもできますので、固定場所がなくても自分で生み出すことができます。

オススメは『JOBY(ジョビー)の三脚 3Kキット』と『Manfrotto(マンフロット)のクランプ』の組み合わせです。

数種類のスマホ三脚を使いましたが、この組み合わせを使うとめちゃくちゃ安定して固定ができます。

少し高めにはなりますが、これを買っておけば間違いないです。

created by Rinker
¥6,475 (2020/09/23 03:02:23時点 楽天市場調べ-詳細)

外岩で便利なもの⑨
モバイルバッテリー

外岩で動画を撮っているとすぐに充電がなくなります。

登る時だけ撮るのではなく、カメラを回しっぱなしにすることが多いので、1日持つことはほとんどありません。

また、外岩では電波が弱くなることも多く、スマホが電波を拾おうと頑張ります。

そうなると、充電の消耗が普段よりも早くなります。

いざという時に、充電が切れていると困るので、モバイルバッテリーは必ず持っていくようにしています。

外岩で便利なもの⑩
カラビナ

カラビナは、シューズやチョークバッグをマットに引っ掛けるのに使います。

シューズや、チョークバッグをカバンに入れるとかさばるし、中が汚れてしまうので、このようにマットに引っ掛けると便利です。

おそらく、外岩に行く人の8割くらいはこれをしています。

アプローチの時に両手を空けるという意味でも、この方法をオススメします。

外岩で便利なもの⑪
ヘッドライト

外岩には、当たり前ですが外灯がないことがほとんどです。

暗くなった時に、明かりを確保するのにヘッドライトが必要です。

Petzl(ペツル)ヘッドライト TIKKINA ティキナ

また、外岩は秋から冬にかけてがベストシーズンとなる場合が多いので、日が暮れだしてから真っ暗になるまでの時間もかなり短いです。

暗い中で片づけをしなければならないこともあります。

真っ暗の中で片づけていると焦ってしまい、忘れ物をしたり、ゴミを回収し忘れたりしがちです。

ヘッドライトだと、両手が空きますので、少し余裕をもって片づけをできることができます、

また、車までの帰り道が暗いと危険なので、できればヘッドライトを用意しておきたいものですね。

外岩で便利なもの⑫
ジェットボイル

ジェットボイルとはなにか?

野外でお湯を沸かすことに特化した、アウトドアグッズです。

なんと、2~3分でお湯を沸かすことができます。

正直、電気ケトルレベルの早さです!

created by Rinker
¥11,550 (2020/09/22 09:32:05時点 楽天市場調べ-詳細)

寒い冬の岩場で、

温かい飲み物を飲みたくなることはありませんか?

温かいカップラーメンを食べたくなることはありませんか?

そう思う方にオススメです。

外で飲むコーヒー、外で食べるカップラーメンって、普段の数倍美味しく感じます。

オススメはカレーメシ!

外で食べるカレーは格別です。

外岩で便利なもの⑬
虫よけ

虫よけについては説明不要ですね。笑

山や林や森に行くとマダニが出るので、できれば強めのやつがオススメです。

虫よけの主成分であるディートの濃度が低いとマダニには効かない場合があるので、できれば『ディート30以上の虫よけ』を持っていくことをオススメします。

外岩で便利なもの⑭
カイロ【マグマがオススメ】

寒い冬の外岩の時に役立つのが、カイロです。

あまりやりすぎるとヌメるというデメリットがありますが、カチコチに冷え切った指先だとさらに登れません。

だから、僕はカイロである程度指先が冷え切らないようにしています。

僕の住む地域だと、普通にマイナス気温になりますので、普通のカイロでは物足りません。

マグマという種類のカイロは、かなり強力で、マイナス気温でも温かさをキープしてくれます。

寒い地域で登る時にオススメです。

created by Rinker
¥1,265 (2020/09/22 09:32:06時点 楽天市場調べ-詳細)

外岩で便利なもの⑮
折りたたみイス

岩場にイスはありません。

そのへんに座るのがしんどいという人は折りたたみイスを持っていくといいでしょう。

ただし、場所によっては意味がないので、平らな地面がある岩場限定です。

イスがあるだけでめっちゃラクになりますよ。

もちろん、なるべくコンパクトにたためるやつがいいですね。

道具を揃えて外岩で快適にボルダリングをしよう

外岩へ行く時は、できる限り道具を揃えて快適にボルダリングをしたいですね。

今回紹介した中で、必ず持って行っているのはこれです。

これがあれば、かなり快適にボルダリングができます。

その他のアイテムは、状況により必要であれば持っていくようにしています。

ぜひ参考にしてみてください。

またいいものがあれば、リストを増やしていきますね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる